ありのままに美しく・・・でも紫外線には注意

05

アンチエイジングのためには紫外線を防ぐことが大切です。
アンチエイジングのための紫外線対策というと、肌への対策というイメージが強いと思いますが、紫外線の害は体全体によくない影響を与えます。
紫外線は活性酸素の発生の原因にもなりますし、免疫が低下したりする原因にもなりえます。紫外線の強い海に行って風邪をひいて帰ってきた、などという経験のある方も多いと思います。

アンチエイジングのためには、紫外線の害を防ぐ必要があります。日焼け止めは一年を通して使いましょう。日焼け止めといっても、いろいろなものが出ています。肌に優しいタイプもあれば、紫外線を防ぐ数値の高いものもあります。

PA値やPFA値の数値が高いほうが紫外線を防ぐ効果は高いのですが、その分、肌への刺激が強いものが多いです。日常の紫外線を防ぐときやレジャーのときなど状況に応じて日焼け止めも使い分けると良いです。
日焼け止めを使うときには、塗りなおすことも大切です。日焼け止めも汗や触ったりすることによって落ちてしまいます。一度塗ったからと安心しないで、こまめに塗りなおすようにしましょう。
また、耳の後ろや首筋など、日焼け止めを塗り忘れやすい場所というものがあります。

日焼け止めを効果的に使うには、塗り忘れを防ぐことも大切です。
紫外線はガラス越しでも悪影響を与えます。室内にいても日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。
紫外線の強い時間帯の外出を避けるのもアンチエイジングには有効です。
衣類や帽子、サングラスなども上手に使いましょう。紫外線を避けるような工夫とともに、体の内側からの対策も大切です。健康的な食事を一日三食とるのはアンチエイジングの基本ですが、そのときに選ぶ食材にも工夫をしてみましょう。

アンチエイジングのためにはビタミンCやビタミンA、ビタミンEやポリフェノールが大切です。紫外線予防のためには、アスタキサンチンを含む食品も積極的にとりましょう。
アスタキサンチンはサケやエビ、カニや海草に含まれる赤い色素のことで高い抗酸化力を持ち、活性酸素をおさえてくれます。手軽に食べ物で摂取することができますし、健康食品や化粧品で取り入れることもできます。
良いと分かっているものでも、カロリーのことを考えたり、忙しかったりすると継続してとるのが難しくなります。アンチエイジングは継続が大切ですから、継続しやすくするために健康食品など便利なものを活用するとよいです。

11,353 thoughts on “ありのままに美しく・・・でも紫外線には注意